2010年5月1日の日記

4月29日から5月1日の三日間、一歩も外へ出ていませんが何か?

読書メーターによると「読んだ本の数:80冊」だそうです。あ、でもこれ帯ギュいれてないな。再読のマンガを入れると、120ちょいぐらいかな。感想数は59冊と言うことで、先月より若干減ったのが残念です。いや、単に更新忘れたときがあったってことなんですけどね。
4月は「マルタ・サギー」と出会えたことが一番嬉しかった。あんなに笑って泣けるお話しだとは思ってもいませんでした。みんな可愛くてしょうがない。

読もう読もうといいつつ、なかなか読めてない単行本ですが、久しぶりに伊坂幸太郎を読みました。「オー!ファーザー 」は初期の伊坂さんが好きな人なら、ハマること請け合い。四人のお父さんと一緒に暮らす男の子の物語です。笑いあり、どきどきあり、感動有りでした。

ライトノベルの新シリーズ方面では、「笑わない科学者と時詠みの魔法使い」と「シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精」が良かったです。「笑わない〜」は、良い感じの年の差カップルのような家族もののようなそんな感じ。「スクランブル・ウィザード」の後継になれるんじゃないかとワクワクしてます。「シュガーアップル〜」は、素敵なファンタジーでした。児童文学というのはよくわからないんですが、言われてみるとなるほどと思います。もうちょっと恋模様が発展したら最高だよね!と続きが出てくれることを期待してる。
笑わない科学者と時詠みの魔法使い (HJ文庫) シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精 (角川ビーンズ文庫)

既刊ラノベでは、「バッカーノ!1710 」と「カラクリ荘の異人たち(4)」が良かった。「バッカーノ」シリーズは、二作目(ヴィーノが出てくる)1931以降って、それほどでもないんだけど、1700年代ものはいいです。「1705」と4月に出た「1710」は……胸に来る。
「カラクリ荘の異人たち(4)」は、この作品で終わり。主人公の喪失が埋まっていく展開が素晴らしかった。四季折々を感じさせながら、綺麗に終わって、もう大好きです。
バッカーノ!1705―The Ironic Light Orchestra (電撃文庫) バッカーノ!1710―Crack Flag (電撃文庫)
カラクリ荘の異人たち?もしくは賽河原町奇談? (GA文庫 し 3-1) カラクリ荘の異人たち 2 ~お月さんいくつ、十三ななつ~ (GA文庫) カラクリ荘の異人たち 3 ~帰り花と忘れ音の時~ (GA文庫) カラクリ荘の異人たち 4 ~春来るあやかし~ (GA文庫)

さて、明日は久しぶりに下界へ行きます。L・N・F!L・N・F!
僕はわりと、こう、隅っこの方で、こっそり参加してると思いますが、見かけたらお声をかけ……って、僕だって分かる人は少ないか。うん。

ムシウタ 10.夢偽る聖者

「逃げてもムダよ。何をしても、もう止まらないの」
讃える信徒たちを見下ろしながら、環は微笑した。
「たかがウソが、どれだけ大きい力を持ってるか……見せてあげる」

幼馴染みとついたちょっとした嘘が、こんなにも大きな力になるとは……必要以上に引っかき回して、虫憑き同士が争うことになったけれど、みな見たい未来は一緒で。ああ、一号に指定されるとは、そういう意味もあったのかと実感させられるものがありました。皮肉を感じながらも、終わりに繋がりそうなラストがとても印象的。→ 感想

さびしい女神 僕僕先生

「慈雨を喜び、長雨を恨み、太陽を尊び、旱を憎む。己の手に届かないことに喜んだり悲しんだり。毎年大騒ぎしておるのを見ているのは実に楽しい」
そして
「わしもあの仲間に入りたい、と何度も思ったよ」

蚕嬢の故郷へ。旱の原因となってる女神は、力の大きさ故に多くの人の怖がられてて、でも王弁からすると寂しく見えて。憐憫から動く彼の考えを浅いと言えるかどうかはわからないけれど、ヘタれてても勇敢で、約束を違えずに立ち向かう姿がとても良かった。仙人じゃないからこそできたことだよなあ。神様たちもすごいけど、人もすごいよ。いや、でも、まあ、ちょー朴念仁ですけどね。僕僕先生もちょっぴり嫉妬してるみたいですが、いつか本当の姿を見せられるといいですね。 → 感想