聖者は薔薇を抱きしめて ヴィクトリアン・ローズ・テーラー

「わたしはずっと、パメラを信じてるわ」
「あたしの何を信じるの?」
「わたしの友だちは、パメラのなかにいる。どこにいても、離れても、パメラの心のまんなにいあるものが、ずっと何も変わらないって信じている」

まったくイアンって人は!パメラの恋が描かれる短編集は、とても素敵で、イラッとして、笑顔になれるお話でした。→ 感想

東雲侑子は短編小説をあいしている

「協力って、何に?」
「恋愛の……いろいろって言うか……」
「ど、どうやって?」
「うん、だから、あの……」
東雲は一度ごくりと喉を鳴らし、それから俺を見据えた。
「私と、付き合って欲しいの」

これは良かった!いい距離感の青春物語ですね。甘酸っぱい思いが何ともいえない。→ 感想

たとえ許されない恋だとしても

女は、愛する男に剣を向けた。
男は、愛する女に剣を向けた。
愛する民を守る為に。

愛しているのに、殺し合うとか、おヤバい。展開としては、特に捻りはないですが、良い意味で王道でした。面白かった。→ 感想

魔王なあの娘と村人A(2) ―牛と勇者とパンプキン

まったく。
こいつらのしていることは、本当にバカみたいだ。
だけど。
……やっぱり、少しうらやましい。

お約束のように鈍い佐東君でもドキドキしちゃうぐらい、竜ヶ峯の可愛さがこれでもかと描かれていて、どうしてくれようかと思いました。楽しいなあ。また新たな問題児が出てきてるっぽいので、続きが楽しみ。→ 感想

子ひつじは迷わない うつるひつじが4ひき

「しきたりなのです」
その音声は静かで、揺ぎ無く、聞く者を黙らせる何かがあった。
「この館では、鏡を見ることが禁じられています。みなさんも手鏡などお持ちであれば、部屋に入る前にお預け下さい」

始まりからして、ミステリな雰囲気でワクワクでした。もうちょっとミステリしてたら最高なんだけどなあ。でも面白かった。→ 感想

押しかけ絵術師と公爵家の秘密

「落ち込めと言ってるわけじゃない」
真摯な青い瞳がエステルをとらえた。
「さっきも、それから祭りの前に行き詰まった時も、おまえは逃げ出すことなんて考えなかっただろう。怖かろうが自信がなかろうが、あきらめずに努力して立ち向かう。おまえは、よくやっている」

これは楽しかった!仕事が欲しいからと、時にハッタリを効かせながら強引に売り込むエステルの猪突猛進っぷりが楽しい。いがみ合う二人が、想いを寄せるようになっていく展開がとても良かったです。→ 感想

問題児たちが異世界から来るそうですよ?(3) そう……巨龍召喚

「『感動に素直になれ』――ああ、そうさ。アイツは何処に足を運ぶにしても同じことを俺に言った。大陸を巡り、七海を渡り、世界の遺産を見て回って、俺に山ほど感動を分け与えて――世界を壊さないよう、俺に感動を植えつけたのさ」

相変わらずの痛快さを見せつつ、三人の人間性について、より深く掘り出したってところかしら。これまでほとんど見えていなかった問題児たちの過去の繋がりにニヤリ。どうやら前編って感じなので、続きが待ち遠しい。→ 感想